地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、札幌市中央区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

札幌市中央区の地域情報サイト「まいぷれ」

札幌でうまいと評判のラーメン特集

「ラーメン 麺処 とりぱん」 編集部紹介

「実を言うと、もともとラーメンはそんなに好きじゃなかったなんです。」そんな、驚きの一言からインタビューが始まりました。「ラーメン とりぱん」の店主・塚原さんが「ラーメンの世界」にのめり込んで行った、きっかかけや、現在に至るまでのお話しです。

<編集部紹介>
「ラーメン とりぱん」

店主・塚原さんは昔、コンビニのバイトと掛け持ちで札幌市内のラーメン店に勤めていました。勤め先のラーメン店のイベントのお手伝いの中で「運命的な出会い」があったそうです。

「鶏白湯のスープって、スンゲー美味しい!!」、これが店主・塚原さんと鳥白湯スープの「運命的な出会い」。

この出会いをきっかけに店主・塚原さんは「ラーメンの世界」にのめり込んでいったそうです。

店主・塚原さんはこうもおっしゃいました。「ラーメンを仕事として本格的に始めようと思った時に何が足りなかったって、全てが足りませんでしたよ。」
足りない知識や経験を補う為に取った行動は「東京での修業」。
「のめり込んだら徹底的にやらなきゃ気が済まないんです。ちょっとした着替えと日用品をもって東京に乗り込みました。」

「東京の激戦区で仕事をする事もあり、かなり大変でした。けれどもラーメンに魅せられた事と自分のラーメンを作りたいと言う気持ちがあり、今まで続けてこれました。」
東京のラーメン激戦区で修業を積み、札幌でラーメン店を開く事を決意されたそうです。

現在、札幌市中央区でお店を営んでおり、地域のお客様・観光のお客様などに愛されるお店となっております。

『とりぱん』のこだわり

【スープへのこだわり】
鶏100%の鶏白湯スープ
鶏だからこそ出せるコク・旨み・香りを最大限に引き出したスープです。
40キログラムの鶏を利用し、16時間かけて炊き出したスープは、とりぱんでしか食べられない特別な味わいです。
ふくよかなコクがやみつきになります。
【麵へのこだわり】
特注の極太麵
スープのふくよかなコクに負けない、主張の強い極太麵です。
麵が持つ、味わいや食感とスープがラーメンどんぶりの中で主張しあう、一つの世界を創り上げています。
さらに、湯切りにも一工夫凝らしております。
湯切り【1】
高い所からスタート。
湯切り【2】
大胆かつ繊細に振り下ろします。
湯切り【3】
麵を痛めないように絶妙の加減でストップさせます。
【チャーシューのこだわり】
250度のオーブンで焼き上げます
当店は煮豚ではなく焼豚です。
焼き上げたのち、特製のタレで味付けしますので、肉の旨みを逃さず、肉の食感が生きたチャーシューは大変好評です。
【メンマへのこだわり】
柔らかい食感がアクセントになります

穂先メンマを使用しており、スープ・麵・チャーシューそれぞれが主張しあうなか、優しい食感と味わいがアクセントとなるこだわりのメンマです。

オススメメニュー

★当店の人気ナンバー1★<br>とりぱんラーメン 700円<br>鶏白湯スープを存分に味わえます!<br>「塩」がオススメ!<br>
★当店の人気ナンバー1★
とりぱんラーメン 700円
鶏白湯スープを存分に味わえます!
「塩」がオススメ!
★がっつり食べたい時に★<br>トリパンDX味噌 900円<br>チャーシュー4枚・メンマ大・味玉が付く、とりぱんのラーメンを堪能できる一杯。
★がっつり食べたい時に★
トリパンDX味噌 900円
チャーシュー4枚・メンマ大・味玉が付く、とりぱんのラーメンを堪能できる一杯。
★醤油好きはコチラ★<br>醤油ラーメン 700円<br>鶏白湯スープと醤油ダレのコンビネーションは最高です!
★醤油好きはコチラ★
醤油ラーメン 700円
鶏白湯スープと醤油ダレのコンビネーションは最高です!
★とりぱんのつけ麵★<br>白湯つけ麵 900円<br>鶏白湯の濃厚なつけ麵はなかなかお目にかかれません。意外と冬でも人気の商品。
★とりぱんのつけ麵★
白湯つけ麵 900円
鶏白湯の濃厚なつけ麵はなかなかお目にかかれません。意外と冬でも人気の商品。

<ラーメン 麺処 とりぱん>
住所 064-0806 札幌市中央区南6条西9-1024-36
電話番号 011-563-4700
営業時間
 火~金曜
18:00~翌3:00
 土・日曜
11:00~15:00 
18:00~24:00
※スープ無くなり次第、終了。
定休日 月曜
駐車場 有、詳しくはお店までお問い合わせ下さい。


「お酒とラーメンを楽しもう!」
「とりぱん会」の詳細はコチラ!